マカの効果効能

マカで妊活!男女ともに効果的?

マカと妊活

マカは、たくさんの健康効果があることで人気の植物です。その効果のひとつに「妊活」があるのはご存知でしょうか?
不妊の原因はいろいろありますが、マカを飲んでいたら妊娠できたという人もいるようです。どのような作用で妊活できるのか、この記事で説明いたします。

不妊の原因

不妊の原因はさまざまで、男性、女性の両方に考えられます。統計では男性、女性それぞれに原因がある場合が40%、双方にある場合が15%で、残りは不明とされています。
女性の原因で多いのはホルモンバランスの乱れや卵巣機能の低下など、男性では主に性機能障害や精子の異常があげられています。

マカの妊活効果

マカの妊活効果は、女性だけでなく男性にも及びます。それぞれについて見ていきましょう。

女性の妊活

マカにはアミノ酸がバランスよく含まれていますが、そのうち妊活に効果があるのは、アルギニンです。アルギニンの妊活効果には、次のものがあげられます。

アルギニンには、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促す効果があります。成長ホルモンは骨や筋肉の成長に欠かせないものですが、妊娠にも密接に関わっています。
成長ホルモンの分泌によって、卵胞刺激ホルモン、黄体刺激ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が促され、受胎の環境を整えることができるのです。
また、アルギニンは体内で一酸化窒素の生成を促しますが、一酸化窒素には血管を拡張する働きがあり、血行を促進します。
血行不良は生殖器官の働きを低下させるもの。とくに子宮や卵巣は臓器の末端に位置することから、血流が悪くなるとその影響を受けやすくなります。その結果、妊娠しづらくなってしまうわけです。
血行が促進されることで卵巣の血流量が多くなり、卵胞の発育も良くなります。さらに、排卵誘発剤の効き目も良くなるとされています。また、子宮の血流量も多くなることで、着床環境も良くなるとされています。

男性の妊活

アルギニンの効果は、男性の妊活にも及びます。成長ホルモンの分泌が促されることで、生殖機能が正常に保たれ、精巣の機能も高まります。精液の量が増えて、精子の運動も活発になるでしょう。また、アルギニンの血行促進効果で男性器に血液が流れやすくなり、勃起する力を高め、性機能の回復を図ることができます。
また、マカに含まれる亜鉛も、男性の妊活に役立ちます。亜鉛は男性の前立腺や性腺に多く含まれている成分で、性ホルモンの合成や精子の生成などに関わるものです。
亜鉛は食品添加物によって吸収が阻害されやすく、インスタント食品の摂取が増えた現代では不足しがちなミネラルとされています。亜鉛不足は性機能の低下につながるもので、男性の不妊の原因のひとつとも言われるもの。マカで補うことで、性機能の回復に役立つでしょう。

まとめ

マカの妊活効果について、説明しました。いろいろ試してもなかなか妊娠できないと悩んでいる人は、マカが手助けになるかもしれません。一度試してみるのもいいでしょう。ただし、病院で不妊治療を受けている人は、医師に相談してから飲むようにしてください。

ページのトップへ戻る