マカの効果効能

マカにはむくみ解消効果がある?

マカとむくみ

事務仕事で座りっぱなしだったり、逆に立ちっぱなしだったりで、脚のむくみに悩む人は多くいます。むくみは特に女性に多い症状ですが、その解消にマカが役立つのはご存知でしょうか?
マカは健康効果が高いことから注目を集めていますが、その効果のひとつがむくみの解消です。具体的にどのような作用でむくみが解消するのか、詳しく説明していきます。

むくみの起こる原因

むくみの原因の多くは、血行不良や塩分の摂り過ぎです。

血行不良

血液は動脈を通り、全身の各細胞に必要な栄養や酸素を届けています。血液の流れが毛細血管に達すると、細胞間液と呼ばれる水分が染み出し、血液の代わりに細胞に必要な成分を運んでいます。
役割を終えた細胞間液は、静脈やリンパ管を通して排出されるのが通常。しかし、血行不良でこの流れが滞ると、不要になった水分がうまく排出されずに体に残ってしまいます。これが皮膚の下に溜まり、むくみとなって現れてしまうのです。

塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎると、血中のナトリウム濃度が増加します。すると体は塩分濃度のバランスを取るために水分を溜め込もうとするので、体にむくみが生じることに。塩分の強い食事をした後にやたらと喉が乾くのは、このような原理が働くためです。

マカのむくみへの効果

マカはアミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富な植物。その中でむくみ解消に役立つのはアミノ酸のアルギニン、ビタミンE、カリウムです。

血行促進

アミノ酸のアルギニンには、体内で一酸化窒素を生成する働きがあります。この一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、血行を良くする効果があるもの。

また、ビタミンEにも同じく血管を拡張する作用が認められています。この2つの成分を含むマカを摂ることで血行が促進され、むくみの原因になる滞った水分や老廃物を排出する効果が期待できます。

ナトリウム排出

マカに含まれているカリウムは、過剰になったナトリウムを排出する働きをします。血中のナトリウム濃度が正常になることで体内の水分バランスが整い、むくみの改善につながるでしょう。

まとめ

マカのむくみ解消効果について説明しました。むくみは筋力不足も原因になるので、体を良く動かす、運動をするなどの努力も必要です。また、むくみの症状は病気から起こるケースもあります。むくみ以外の症状がある場合や、対処してもなかなか改善しないときには、速やかに病院を受診するようにしましょう。

ページのトップへ戻る